すやすやうぉっち

 概要

子どもにつけるセンサやマットなしに、カメラ映像を用い複数の乳幼児の「午睡見守り」を行い、保育士さんによる見守り業務を支援します。使用にあたって手間をとらせないこと、保育士の方々の「人間力」を活かすことを設計方針としています。

 

特徴

  • 胸部の動きを解析し波動表示します。直接確認いただきたい状況ではアラート音でお知らせします。

  • 頭部の状態を解析し、うつぶせ寝を検知し通知します

  • 寝返りなどで乳児が動いたときは計測領域を自動調整します
  • 6~8人の乳児を1台のカメラでモニタリング可能です

  • 毎日の使用にあたって、手間がかかりません(簡単に開始、操作、終了)

 

機能

  • 映像から胸部の微細な体動を解析し呼吸状態をモニタリング

  • 映像から頭部領域を解析しうつぶせ寝をモニタリング

  • タブレット端末へアラート通知し、保育士の方にチェックを喚起

  • アラート発生時の映像記録、5分間隔で画像(スナップショット)を記録

  • 呼吸チェックのタイミングをタイマーでお知らせし、チェック忘れを防ぎます

 

この例では、人形(周期的規則性を伴う体動なし)に対しては約1分以内にアラートが発生しています。

 

保育園での使用例

  • 青緑色の波形は、胸部の体動周期を表します。

  • 頭部の円は、うつぶせ寝の可能性があると判断した場合、黄色で表示します。

 

開発者の思い 

乳幼児の心を育む場である保育園にふさわしいシステムとはどうあるべきか常に考えながら当製品を開発してまいりました。保育士の方々の人間力を最大限発揮いただくためにも、「人間にしかできないこと」、「機械にしかできないこと」を自身に問いかけながら”すやすやうぉっち”を今後も成長させてまいります。このような試行錯誤のなかで、地元地域の保育園の皆様には常にご支援いただき、励ましていただいきましたことに感謝申し上げます。

 

参照

毎日新聞 AIで赤ちゃん見守りー神戸のベンチャー企業

平成30年度「神戸挑戦企業等支援補助制度」採択事業

AIで赤ちゃん見守り 神戸のベンチャー企業