Thinktube, Inc

Thinktube

Japanese | English

事例:工事現場監視システム

事例概要

RMR V2 多重インターフェース機能を活用し、平面指向性アンテナを使用して約1000m(200m x 5ホップ)の環境で映像伝送を実現。
この機能検証の為に、「バッテリー駆動通信BOX」を使った通信実験を2008年11月から2009年2月にわたり実施。

バッテリ一体型であるために電源が確保できない短時間に屋外無線ネットワークを構築でき、 離れた場所の作業進捗管理、作業安全管理などに有効であると考えられます。

今後、鉄道や道路はじめ屋外の様々な環境でのご活用を期待しています。


 災害探索ロボット

 映像通信BOX

  •  工事現場監視システム

 広域ICタグネットワーク

 公衆無線LAN

 映像ネットワーク

 環境センサー用ネットワーク

 モバイル センサーネットワーク

 アドホック センサーネットワーク